ピアノに癒される・・?

人生色々とありますね。

権利を得る人。権利を求める人。立場が変わると同じものでも180度見え方が変わりますから凄く難しいですね。ピアノ業界もお金が動く世界ですから色々です。普段ニコニコして不平や不満を言わない人も直接の利益が絡むと驚くような対応や表情を見せますからね。

ピアノはいいですね・・・。心が荒んだ時でも鍵盤を叩けばいつでもキレイな音が出て心が洗われます。もちろん調律が狂えばそれなりにズレタ音を奏でるのでしょうが。声などと比べればピアノの場合は少なくとも澄んだ音が出ます。

今日も色々と忙しくあっという間に深夜です。もし防音が完璧なら少し弾きたいなと感じますが我慢ですね。疲れた時にピアノの音色に癒されたりすると引越しの時にピアノ買取サイトで処分をしなくて良かったしみじみ思います。

売ったからと言って凄く大きなお金になるわけでもないですし、売って空いた空間に何かを置く予定もないのでしばらくはピアノのある生活を続けるのでしょうね・・・。

乾燥とピアノの調律

せっかくの週末なのに喉が痛い!木曜日ぐらいから少し変だなぁと思っていたのですが金曜日から喉が変な感じ・・・。やはり風邪の前駆症状です。金曜日はさっさと仕事を終えて土曜日は外に出ずに強制的に静かな週末です。今週は寝不足気味だったので強制的に長時間睡眠をとったので良かったと解釈しましょう。

さてさて・・・冬でもないのになぜ風邪をひいてしまったのだろうかとベッドで色々と考えてみました。我が家の湿度が非常に低かったからではないかとの考えに至りました。

さらにさらに考えます。時間はたっぷりとありますので(笑)

さてピアノはどのくらいの湿度が良いのだろうか?これから夏が来てジメジメと高湿度になれば当然ピアノのコンディションは悪くなるだろうな。でも湿度が低すぎても悪いだろうし。ピアノも人間と同じでほどほどの湿度が良いのだろうなと思う・・。

更にさらに考えると・・・今話題のネット経由のピアノ買取がります。これは売る方には凄く便利です。なぜならば1軒1軒連絡をしなくても一括でお問い合わせをしてくれて、そこで得られた一番高い金額で売れば良いからです。

売る方にしてみたら、得ると決めた段階でピアノは音を奏でる楽器から現金に換える事が可能な流動性資産となるから、気になるのは唯一お金です。もちろん建前はありますが得ると決めた段階からピアノは楽器では無く資産としてみてしまいます。だからインターネットを介したピアノ一括査定なのどの買取サービスは売り手には凄く便利だと思うのです。

しかし買う方はそうはいきません。ピアノ買取業者が買取した後にしっかりと湿度管理してくれるのだろうか?いや当然しないだろうな・・・。するとそこで極端に高いまたは低い湿度で木に歪が生じたたらどうなるのだろうか?

ピアノは高い商品だから、使う頻度はともかく所有者のもとにある間は一定の注意が払われます。すくなくとも代替が容易でないものとしてピアノは注意を払われているはずです。しかしながら買取業者の手に渡った段階でそれは変わると思うのです。

インターネットを介したピアノ一括査定なのどの買取サービスは強い競争にさらされていますから1円でも高く買い取らざるをえません。だからといって高く売れるわけでもありません。するとピアノ買取業者の利益は減る事はあっても増える事はありません。そんな事業環境で目に見えない調律のために買い取ったピアノを空調の行き届いた倉庫で保管またはそのような環境で輸送運搬は有り得ないと思うのです。

だからインターネットを介したピアノ一括査定なのどの買取サービスは売り手には便利だけで買い手には必ずしも良くないかもしれないとの考えに至ったのです。

もちろん新品をメイカーから買えればこの限りではありませんし、このブログもただのケチで貧乏な独り言になってしまいますが・・・。

新年度の願いはピアノ演奏(笑)

いやぁ~早いですね~!

つい最近年越しをしたと思ったら春が来て花見のシーズンがやってきました。

つまりボケーっとしている間に年度が替わり新たな年度を迎えてしまったのです。

新年度の目標はピアノ演奏です。無駄に家賃が高い部屋にいたのはピアノを維持するためです。

何度もネットのピアノ買取サイト等でピアノを売却しようとしたことがありましたが、今にして思うと査定などをもらってピアノを売却してしまわなくてよかったと強く思います。

さて・・・・といったわけで我が家に鎮座する(ほこりをかぶっている)ピアノを調律して(お金はどうする?)練習を開始します。年末までには友人たちに披露するぐらいまでに上達したいと本気で思っております。

新生活・新年度・新環境とピアノ

早いですね!あっという間に本年度も最終日です。

色々な事を目標に立てて臨んだのですが出来なかった事が多い事に罪悪感と言いますか残念感が漂います。

明日からは新年度ですから新たな環境になる方もいるでしょうし新生活が新天地で始まる方もいるでしょうね?そんな時にピアノがあったらどうでしょうか?

断捨離でスパッと捨てられますか?人は1円でも出すとそれを忘れられないと言いますから、それなりの金額を払って買ったピアノを捨てられますか?人間過去の行動。つまり買ったという行動を否定出来ないですから難しいですよね?

私の家にもピアノがあるのですが既に3回の引越しを生き延びているシブトイ奴です。凄く高い勝率ですね。もしかしたら今年使うかもしれないとの思いが最後の瞬間に思い起こされて生き延びています。

今日もピアノ一括査定サイトで買取申込寸前までいったのですが、マジックワード「もしかして・・・」が出てきて申し込みをしませんでした。難しいですね!

ピアノと年度末について

いやぁ~早いものですね。あっという間に本年度も1週間を切ってしまいました。
色々な事を本年度の最初に考えて目標を決めたのですが達成率の低さに驚いております。

引越も契約の更新を機会にしたかったのですが、結局ずるずると契約更新してしまいました。忙しさを理由にして決断を先延ばしした事が敗因なのだろうと思っています。

具体的には今と同じようにピアノを置ける部屋に移るか、ピアノを処分して小さめの部屋に移るかです。

ピアノの使用状況を考えればインターネットのピアノ買取サイトなどを経由して高めに売却して、ピアノを置かなくても良い小さめの部屋に移るのが最善策です。しかしながら高い金額で買ったので少なくない差損が出るので躊躇しますし、ピアノにまつわる少なくない思い出が決断を鈍くさせます。

買取による差損だけならば引っ越し後の家賃(ピアノを処分すれば小さめの部屋=安い部屋に移れる)の差額を考えれば十分にあう話ですが、ピアノとの思い出という計算では解決できない情が決断を大きく鈍らせてしまいます。まぁ結局移れなかったです・・・。

どこかの有名商社の有名な人が小事は情で判断し大事は理で考えるといった事を言われていたらしいです。これを聞いた時には素晴らしい是非とも実践しようと固く固く心に決めたものでしたが、いざそれを求められる状況。つまりピアノを売却して小さな部屋に移る事を決断しなければならない状況にあった時には見事に優柔不断さが出てしまいました。たかが家賃・たかがピアノ・・・でも難しいですね。

日々の生活の中のピアノについて

日々の生活に携帯があります。凄く便利ですよね?本来の機能の電話だけでなく時間や日付も分かりスマホに至ってはかつてのパソコンに匹敵するほどの高機能ぶりです。これがないともう生活に支障が出るレベルじゃないですか?
日々の生活にパソコンがあります。これも凄く便利ですよね?昔は特別な人たちが特殊な用途に使う特別な物でしたが時代が変わって、誰でもが使え広く多くの家庭に設置されて利用されております。スマホがあってもやはりデスクトップまたはラップトップのパソコンが必要と思われる方々は多いのではないでしょうか?
上記したような物と比べるとピアノの必要性は圧倒的に低いですよね?さらにピアノは無駄に場所を取ります。また小さくない音が出ますので部屋の防音も必要です。さらに高額な商品であり、かつ定期的な保守が要求されます。
ピアノをまとめると、必要性が低い、部屋を占有する、音がでかいので対策にお金がかかる、定期的に手間をかけて維持が必要。もうなんて不便な代物でしょうか?
でもピアノがあると音楽を奏でる事が出来ます。それによって生活が彩られます。本当に皮肉な事に不便なものほど心を満たすのですよね。困ったものです。
それでも都心に住んでいると部屋が小さいまたは防音対策が適切になされていないなどでピアノ買取などのネットサービスで泣く泣く手放される方がいます。凄く残念な事ですが資本主義の世の中ですが部屋の大きさや防音対策は費用=お金ですからピアノの維持が困難となりピアノ買取などのネットサービスで手放される方たちがいます。

ピアノの才能が無いので買い取ってもらった(泣)

誰でもが自分は特別な存在と思ってしまいます。

どこの親もそうでしょうが、私の親も幼少のころは私に過大な期待を寄せていたため運動・音楽・書道などの稽古事に通いました。

残念ながら音楽の素養が無かったゆえでしょうか?そう多くの時間を要せずに通うのが面倒臭くなってしまいました。良く考えると両親の家系に音楽の才能がある親族は1人もいませんので当たり前なのでしょうが・・・。

やはり才能があると努力が結果として出るので楽しくなり惜しみない努力をするため更に上手くなるのですが、才能が無いと努力が結果として出ないので更にやる気が無くなります。

開始時には気合をいれて両親がピアノを買い与えてくれたのですが、少しすると居間を無駄に占有する不要な置物となってしまいました。

でもピアノはいいですね。

歌は声を出しても思うように音階が出ませんが、ピアノは取りあえず鍵盤を叩けばその音が出ます。

もっとも名を遺すほどのピアノ奏者となるのには音痴では無理なので同じ場所に収れんするのでしょう(笑)

そんなこんなでピアノは帰宅後にランドセルを置く無駄に大きい置物となってしまっていました。

おそらく中学に上がる頃には私の素養を見限った両親がピアノを処分したのでしょう。私の記憶にはピアノの思い出はありません。

おそらくピアノは知り合いの知り合いの知り合いの知り合いの知り合いぐらい遠縁のだれかに二束三文で売ったのでしょうが、もし現代だったらネットで検索して見積りを出させて競合させて1円でも高くピアノを買取業者に売ったのでしょうね。まぁタラレバの話ですが・・・。

ピアノ教室

子供のころ両親がピアノを習わせようとしたらしい。

音楽的な素養がなかったので努力が実らないため、そう時間を要せずに努力をせず惰性でピアノ教室に通うようになったことを思い出します。努力出来る事も才能の一部と聞きますがなるほどと思います。

もし私にピアノなどの楽器の才能が有れば努力が結果となって戻ってくるので楽しくて一生懸命努力していたと思います。

でも才能が有っても、その道で食べていける人は僅かですから、どこかで壁に突き当たり決断をしなければならなかったとすると、幼少期に諦める事が出来たのは幸運だったのかもしれません。

ピアノ買取はあるけどオルガン買取は?

ピアノ買取聞いたことあるけどオルガン買取はあまり聞いたことが無いですね。

なぜでしょうか?なぜかわからないけど中古のピアノを買いたい人はいるけれど、中古のオルガンを買いたい人はいないのでしょうね。

そういえば昔々の幼少の時代にオルガン教室に通っていたというか通わされていた記憶があります。

だからでしょうかピアノよりもオルガンが身近に感じていました。やはり金額も安くて庶民的なのでしょうかね?

もしピアノやオルガンが弾けたら・・・と考えるのですが、あまり変わっていなかったでしょうね。

ピアノなどの鍵盤奏者として食べていける人は一握りの人たちですから大多数は途中で諦めるか、仕事の合間に無料もしくは安い金額で演奏するぐらいですから、素質が無い私はいずれにも該当し得ないので、今と変わらずの生活を送っていたと思います。強いて違いを言えばめったに使わないピアノが家のリビング鎮座していて、ピアノ買取で手放そうかなぁと思案するぐらいでしょうか?

エクセルで便利が変わったようにネットでピアノ買取が変わった!

表計算ソフトに計算させず、書類をつくることのほうが多くて、正直ワープロソフトは苦手でした。会社員時代からあまり使ってこなかったのでますます苦手意識があったのですが、PTAで今までの引継ぎの資料を扱うことも多く、だいぶ慣れてきました。以前の方の作った作り方も垣間みえて、勉強になっています。休んでいた時期が長いので、ソフトの発展具合もおもしろいです。昔より大画面のせいかも知れませんが、見やすいですし、探しやすいですね。いつのまにかイルカはいなくなったようで、すこしさびしくおもったりもしています。昔のブラウン管のモニターは奥行が大きかったですね。今はとても省スペースです。軽くて扱いやすいし、部屋が広く使えてよいですよね。子どものキーボードの置き場にいつも苦労しますが、ピアノだともっとしっかりした場所つくりをしなくてはなのでしょうね。練習しやすいように、良い場所をとってあげたくなりますが、もし今はもう誰も弾いていないのにピアノだけが残っている場合、もったいないです。ピアノも、スペースも両方生かしたいですよね。売却に興味があるなら、ネットで簡単にピアノ買取店が探せます。価格がついて、次の方に利用してもらえると嬉しいですよね。売りたい人も買いたい人も得をする良いシステムに思います。気軽に頼めて、慎重に考えることができてネットは便利だと思います。賢く利用したいですね。